BLOG

第150回 天皇賞(秋)(GI) フォトパ&血統からの考察

第150回 天皇賞(秋)(GI) フォトパ&血統からの考察
東京2000芝・左

(10/23撮影)

成長を含めるとこの馬が一番よく見えました。

人気ブログランキング

デニムアンドルビー

 

■マーティンボロ 牡5・栗東・友道厩舎
父:ディープインパクト
母父:ヌレエフ

うっすらアバラが浮いて、すっきりしている。
ちょっとお腹がぽってり見えるが、バランスよく筋肉の輪郭もはっきり。

 

■エピファネイア 牡4・栗東・角居厩舎
父:シンボリクリスエス
母父:スペシェルウィーク

胴周りはパンパンで丸太のよう。
筋肉とバネを感じる。

 

■デニムアンドルビー 牝4・栗東・角居厩舎
父:ディープインパクト
母父:キングカメハメハ

腰が高く、トモが長く、素晴らし馬体に成長したと思う。
多少腹回りが太めに見えるが、今週の追い切りで完成だろう。
顔つきもキリッとして上品。

 

■ジェンティルドンナ 牝5・栗東・石坂厩舎
父:ディープインパクト
母父:Bertolini

よく見たらじぇんてぃるなんですが、違う馬かと思ってしまいました。
確かにバランスよく走りそうな馬体なんですが、普通っぽい。

 

■ヒットザターゲット 牡6・栗東・加藤敬厩舎
父:キングカメハメハ
母父:タマモクロス

上腕の筋肉の盛り上がりは凄く、元気よさそうに見える。

 

■ラブイズブーシェ 牡5・栗東・村山厩舎
父:マンハッタンカフェ
母父:メジロマックイーン

すっきりした馬対ですが、可もなく不可もなく、という感じ。
大人しそうに見える。

 

■イスラボニータ 牡3・美浦・栗田博厩舎
父:フジキセキ
母父:コジーン

多少緩く見えるが、首が太く上腕も逞しく、バランスもよい。
立ち姿も顔も毅然としている。
追い切り後の体系と気配をみたい。

 

■スピルバーグ 牡5・美浦・藤沢和厩舎
父:ディープインパクト
母父:リスウス

お腹がぽってり見えますが、こういう体系なのかも。
張りや充実感はいい感じ。

 

■ディサイファ 牡5・美浦・小島太厩舎
父:ディープインパクト
母父:Dubai Millennium

すっきりとしているが、逞しい馬体。
多少お腹がぼてっと見えるが、全体的にバランスはいい。

 

■フェノーメノ 牡5・美浦・戸田厩舎
父:ステイゴールド
母父:ディンヒル

毛づやがイマイチなのは、天候のせいか?
うっすらアバラが浮いて引き締まり、上腕やお尻の筋肉は盛り上がり逞しい。

 

■マイネルラクリマ 牡6・美浦・上原厩舎
父:チーフベアハート
母父:サンデーサイレンス

以前よりかなりどっしりした感じを受ける。
バランスは悪くないのですが、気配的には今ひとつのように見える。

 

(過去5年3着以内馬の血統より)

父が、

ターントゥ系:10/15
ミスプロ系:3/15
グレイソヴリン系:2/15

母父が、

大系ノーD系:6/15
ナスルーラ系:5/15
ターントゥ系:1/15 ※サンデーサイレンス
その他:2/15 ※ハンプトン系・ダマスカス系

 

ターントゥ系については、
父は10/15に対して、母父は1/15

大系ノーD系は逆にに、
父は0/15に対して、母父は6/15

どちらかがナスルーラ系は、7/15

 

ターントゥ系×大系ノーD系は、4/15

今年の該当馬は、

ジェンティルドンナ
フェノーメノ
マーティンボロ

 

グレイソブリン系×ノーTが2回優勝しています。

今年の該当馬は、

トーセンジョーダンで、2011年の優勝馬。

 

ターントゥ系×ナスルーラ系は、4/15

今年の該当馬は、

イスラボニータ
サトノノブレス
フラガラッハ
ペルーサ
マックスドリーム
ロサギガンティア

 

ここ2年は、ミスプロ系産駒が3/6

今年の該当馬は、

アスカクリチャン
ヒットザターゲット

 

狙って来ているかと調教を見て考えたいと思います。

 

記事が面白かったら、人気ブログランキングをクリックしていただければ励みになります。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ

FC2 Blog Ranking

 

2014-10-27 | Posted in BLOGNo Comments » 
Comment





Comment