BLOG

第20回 シルクロードステークス(GIII) フォトパ&血統+人気順からの考察

第20回 シルクロードステークス(GIII) フォトパ&血統+人気順からの考察
京都1200・芝・右

(1/21撮影フォトパドックより)

■エイシンブルズアイ 牡4・栗東・野中厩舎
父:ベルグラヴィア
母父:サイフォン

根岸ステークスを見た後なので、仔馬のように見えます。(笑)
アバラがうっすら浮いて見え、バネのありそうな馬体で、元気そう。

 

■ベルカント 牡4・栗東・角田厩舎
父:サクラバクシンオー
母父:ボストンハーバー

この馬体をどう判断したらよいのか迷いますが、前と違う馬みたいになりました。
全体の印象は、すっきりしすぎに見えますが、風のように速そうにも見えます。

 

■セイコーライコウ 牡8・美浦・鈴木康厩舎
父:クロフネ
母父:サンデーサイレンス

お腹周りが太め。毛艶がよく見えないのはお天気のせいか?
賢そうな顔していますが、落ち着いているのか、気迫までは感じられない。

 

■アンバルブライベン 牡6・栗東・福島信厩舎
父:ルールオブロー
母父:スプレンディモーメント

前脚の筋肉の盛り上がりは素晴らしく、胴は丸太みたいで腰が高い。
首が細く見えるのは体が立派だからか。賢く品のある顔してます。
この体形、誰かに似てます。牝馬には見えませんね。

 

■マジンプロスパー 牡8・栗東・中尾厩舎
父:アドマイヤコジーン
母父:バブルガムフェロー

犬体型。筋肉の輪郭がくっきり、逞しい馬体で、8歳には見えない。
パワフルで迫力を感じます。

 

■スギノエンデバー 牡7・栗東・浅見厩舎
父:サクラバクシンオー
母父:ブライアンズタイム

以前の印象に比べると、やはり年齢を感じてしまうのは何故かな。
全て悪くないのですが、大人しく見えてしまうのが物足りない。

 

ここでの推奨馬は、アンバルブライベンとベルカント。

 

(過去5年3着以内馬の血統より)

父が、

ターントゥ系:6/15
大系ノーD系:4/15
ブリンスキーギフ系:3/15

 

母父が、

ミスプロ系:6/15
大系ノーD系:5/15
ナスルーラ系:3/15

 

どちらかが、

ミスプロ・大系ノーD系:7/15
ターントゥ系:6/15

 

1番人気が入ったのは、3/5レース。
1~4番人気以内が2頭、あと1頭は、4/5が2桁人気。
1着馬は、3番人気以内で、4/5は、ターントゥ系産駒。
そのうち2頭は、フジキセキ産駒。

2桁人気の傾向は、
3/4が、母父ミスプロ系。そのうち2頭がSS系産駒。

 

想定人気です。(20位以内まで)

1 エイシンブルズアイ
2 アンバルブライベン
3 ベルカント
4 ローブティサージュ
5 サドンストーム
6 ホウライアキコ
7 セイコーライコウ
8 マコトナワラタナ
9 ルナフォンターナ
10 カオスモス
11 ヘニーハウンド
12 バクシンテイオー
13 ワキノブレイブ
14 アイラブリリ
15 サカジロロイヤル
16 スギノエンデバー
17 ベステゲシェンク
18 マジンプロスパー
19 プリンセスメモリー
20 エアウルフ

 

1~5番人気以内に、ターントゥ系産駒は居ません。

2012年の優勝馬ロードカナロア(ミスプロ系×ストームバード系)は、
2 アンバルブライベン

2010年の2着馬ショウナンカザン(ブリンスキーギフ系×ナスルーラ系)は、
3 ベルカント

母父ミスプロ系の大穴は、
9 ルナフォンターナ
14 アイラブリリ
17 ベステゲシェンク
20 エアウルフ

 

人気薄でフォトパに載っていたのは、
7 セイコーライコウ
16 スギノエンデバー
18 マジンプロスパー

大穴で、よく見えたのは、マジンの方。

アンバルブライベンとベルカントの2頭から大穴に流すレースでしょうか。

 

 

記事が面白かったら、人気ブログランキングをクリックしていただければ励みになります。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ

FC2 Blog Ranking

 

2015-01-28 | Posted in BLOGNo Comments » 
Comment





Comment