BLOG

フォトパドックから第149回 天皇賞(春)(GI)を見る

015

今日はゆっくりしてましたので、夜景を撮ってみました。

小雨模様、ちょっと肌寒い夜です。

新しく買ったカメラで、どうやったら綺麗に撮れるか試行錯誤中。

店の写真は、比較的綺麗に撮れるようにはなってきてます。

 

今週のフォトパドックは、第149回 天皇賞(春)(GI)のみでしたね。

ウインバリアシオンは、岩田の騎乗停止で予定が狂った感じでしょうか。

去年の覇者フェノーメノは、日経賞を勝利しての春天の優勝、

このパターンは、ウインバリアシオンに当てはまる訳ですが、岩田が乗れないバリアシオンはどうなのか。

ここで人気が割れて、荒れる春天になりそうな予感。

浮上するのは、日経賞の2着のホッコーブレーヴでしょうかフェノーメノでしょうか。

世界のキズナがあっさり優勝するのでしょうか。

 

フォトパドックの画像みましたが、さすがにどの馬も素晴らしい出来栄え、と見えます。

普段、G2・G3の馬も見ているからそう思うのかもしれませんが、さすがG1と思います。

 

その中で、一番良を決めることは難しい状況ではありますが、

その中でもいいと感じた馬体は、デスペードでしょうか。

デスペラード

フォトパドックの写真は転載禁止なので、載せらせないのですが、素晴らしい出来と見えます。

今週の調教でお腹周りがもう少し絞れたら完成、というところかと思います。

ただし、他も素晴らしいので抜けているという訳ではないです。

 

ウインバリアシオンもいいと思ったのですが、岩田の乗り替わりをどう見るか、ということを

考えてしまうので、イチオシが出来ないだけで、馬体自体はすごくいいと思いました。

 

ウインバリアシオンの対抗、と見るのはやはりフェノーメノと思いますが、

フォトパドックの写真が仕上がり過ぎかな、とも感じました。

フォトパドックって2週間くらい前の写真なので、そこから調教しての本番パドックとは

かなり違うことがよくあります。

この時点であばら浮きすぎ、みたいな体系で3200をこなせるのか?という疑問はありますが、

なんといっても去年の優勝馬ですから、ウインの乗り替わりがある今、優勝に一番近い存在かもしれません。

 

フォトパドックで、穴馬的にもう1頭あげるとしたら、タニノエポレットかと。

タニノエポレット

これまた、フォトパドックの写真は載せられませんがが、綺麗な馬体で、好きな馬です。

注目馬として、見ていきたいと思います。

 

馬券に絡むかとか、有力馬かとか、そういう意味合いでは、語るのを躊躇するのですが、

実は、フォトパドックで一番目を引いたのは、アスカクリチャンでした。

馬体が、長距離向きではないように映るので、推奨はできないのですが、7歳とは思えない

素晴らしい筋肉の付き方で、大器晩成型でまだまだ重賞を取るのではないかと思わせる写真でした。

実際に馬券を買うかどうかは、これからのデータ解析によりますが、買いたいと思う馬です。

 

他の馬が悪いわけではなく、どの馬も素晴らしい仕上げをしてきた、という印象で、

今回、というより、やはり、G1はフォトパドックのみでは全くわかりません。

G2・G3では、仕上がっていない馬も多かったりする中、素晴らし仕上げの馬が見えることもあるのですが、

G1に関しては、仕上げるのが当たり前、という中の戦いですから、あくまでもご参考までに。

 

アドマイラヤクティもいいですし、サトノノブレスいいですし、

キズナは、長距離向きとは見えないだけで素晴らしいですし、バランス的にも言うことなし。

あっさりと世界のキズナが優勝するような気もします。

結論、フォトパドックでの推奨は決められないです。

 

フォトパドックの確認は、こちらから↓

http://www.keibado.ne.jp/keibabook/itw/photo05.html

 

記事が面白かったら、人気ブログランキングをクリックしていただければ励みになります。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ

FC2 Blog Ranking

 

2014-04-29 | Posted in BLOGNo Comments » 
Comment





Comment